挙式の舞台となる、英国伝統のゴシック様式を再現した大聖堂。
異国情緒漂うレンガ造りの外観、31mもの天井高。
世紀を超えて愛されてきた美しいステンドグラス、伝統を貫く石畳のバージンロード。
海外から集めたアンティークなどの本物と伝統が生きる空間で、生涯色褪せない感動的な誓いを。

収容人数
80名
面積
100㎡

Wedding Ceremony

憧れていた荘厳な大聖堂
花嫁は一瞬で物語のヒロインに

本物にこだわってつくられた大聖堂と世界観の中では、誰もが一瞬で物語のヒロインに。
ふたりが歩くだけで絵になる空間は、思わずゲストも感嘆のため息をついてしまいそう。

扉下の3段の階段が
感動的な入場シーンを演出

大聖堂の扉を開いてすぐに、おふたりからも、ゲストからもお互いの顔がしっかりと見られる3段の階段があります。大切なゲストひとりひとりと目線を交わせる階段をゆっくりと降りれば、普段は言葉にできない感謝の気持ちがこみ上げてくることでしょう。

ふたりの未来に繋がる
モザイク柄のバージンロード

今までの人生で乗り越えてきた迷いや不安を象徴しているといわれるモザイク柄のバージンロード。
父親を想って作られた曲「アヴェ・マリア」の音色に合わせ、ステンドグラスの美しさに導かれて誓いの瞬間へ。

本物のアンティークが生み出す
息をのむほどの神聖な空間

ステンドグラスをはじめ、⻑椅⼦(ピュー)や祭壇は100年以上前、実際に英国の教会で使用されていたもの。
一瞬が心に残るのは、本物ならではの荘厳さゆえ。

高い天井にオルガンの音色が響き、目映い陽光にステンドグラスが輝く。祭壇に立つふたりは光に包まれ、感動的な光景に。
生涯を誓う特別な瞬間を厳粛に、暖かく祝福する神聖な空間がここにあります。

大聖堂と青空を背景に
海外挙式のような開放感

本物にこだわってつくられた大聖堂と世界観の中では、誰もが一瞬で物語のヒロインに。
ふたりが歩くだけで絵になる空間は、思わずゲストも感嘆のため息をついてしまいそう。

Photo Gallery